国立西洋美術館、世界遺産に はや長蛇の列

2016/7/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館。多くの入場者が列をつくった(18日午前、東京・上野)=写真 玉井良幸

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館。多くの入場者が列をつくった(18日午前、東京・上野)=写真 玉井良幸

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第40回世界遺産委員会は17日、東京・上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産への登録を決めた。日本の世界遺産としては20件目となる。

■コルビュジエの建築作品 日本の世界遺産は20件目

トルコのイスタンブールでの審議で決めた。世界文化遺産への登録は西洋美術館を含む7カ国17作品。他国にまたがる世界遺産は国内初になる。
フランス人建築家、ル・コルビュジエ(1887~1965年)は近代建築の巨匠。西洋美術館本館は日本国内唯一の作品で1959年に完成した。らせん状の階段や1階部分を柱だけで構成する「ピロティ」などが特徴だ。
コルビュジエは装飾を排し、機能性と合理性を融合した独自の建築理論を実践した。21世紀に至る現代建築に多大な影響を及ぼしたことが評価された。

西洋美術館、世界遺産に(7月18日)

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館(17日午後、東京・上野)

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館(17日午後、東京・上野)

■人思う建築、継ぐ喜び コルビュジエの思想くむ日本人

17日、関係者からは喜びの声が上がった。建築家ル・コルビュジエに師事した日本人建築家の関係者らは「技術や思想を受け継いだ日本人が設計した建築物が注目されるきっかけにもなってほしい」と期待。
国立西洋美術館本館はコルビュジエが基本設計し、日本人の弟子が詳細な設計や現場の監理を託された。コルビュジエ建築の特徴の一つは、居心地の良さを追求するため、人体各部の寸法から天井の高さや支柱の間隔などを導き出す「モデュロール」と呼ばれる寸法体系。
コルビュジエの研究を続けてきた東京理科大の山名善之教授(建築設計)は「西洋美術館が、コルビュジエの近代建築文化圏の一つとして世界遺産に登録された意義は大きい」と指摘。「コルビュジエ建築の流れを継いだ日本人の作品が再評価されるきっかけになれば」と話した。

人思う建築、継ぐ喜び 国立西洋美術館、世界遺産に(7月18日)

1955年、国立西洋美術館の設計の打ち合わせのために前川建築設計事務所を訪れたコルビュジエ氏=同事務所提供

1955年、国立西洋美術館の設計の打ち合わせのために前川建築設計事務所を訪れたコルビュジエ氏=同事務所提供

■歓喜の上野「地域で守る」

国立西洋美術館のある東京都台東区。17日午後、同館の世界文化遺産登録が決まると、世界遺産委員会の審議を見守っていた60人以上の区職員らは肩をたたき合って朗報を喜んだ。服部征夫区長は「準備を始めて10年、区にとっては悲願だった。地域と一体になって遺産を守り、継承する」と決意を新たにした。
審議はトルコで起きたクーデター未遂の影響で1日延期され、日本時間の17日午後に再開。台東区役所内に審議状況を中継する大型スクリーンが置かれ、服部区長のほか、宮田亮平・文化庁長官や馬渕明子・西洋美術館館長らが陣取った。
準備に携わった同区の男性職員(37)は「他国との共同推薦だったので作業は複雑だったが、無事に決まってうれしい」と笑顔。「クーデター未遂があり、現地に派遣された人たちが心配だったが良かった」と胸をなで下ろした。

歓喜の上野「地域で守る」(7月18日)

国立西洋美術館など「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産の登録が決定し、歓声を上げる関係者ら(17日午後、東京都台東区)

国立西洋美術館など「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産の登録が決定し、歓声を上げる関係者ら(17日午後、東京都台東区)

「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産の登録が決定し、握手する文化庁の宮田長官(中)ら=17日午後、東京都台東区

「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産の登録が決定し、握手する文化庁の宮田長官(中)ら=17日午後、東京都台東区

■「世界に認められた」西洋美術館に長蛇の列

世界文化遺産登録決定から一夜明けた18日、東京都台東区の国立西洋美術館には午前9時半の開館前から多くの人が訪れ、長蛇の列ができた。地元百貨店ではお祝いの垂れ幕も登場。来場者からは「世界に認められた」と喜びの声が上がった。
松坂屋上野店は18日朝から垂れ幕を下ろし、西洋美術館を紹介するパネルの展示をスタート。売り場ごとに「登録おめでとう!」と記した特製の袋に商品を詰め合わせた「お楽しみ袋」を売り出した。
近くの商店街「アメ横」でも商機到来への期待が高まっている。洋服店で働く吉田太一さん(34)は「美術館を見た後で買い物してくれる人も多いと思う。しっかり盛り上げていきたい」と意気込んだ。

「世界に認められた」 文化遺産登録祝い西洋美術館に列(7月18日)

国立西洋美術館の内観(東京都台東区)

国立西洋美術館の内観(東京都台東区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]