官僚トップの発言急変 消えた民主批判

2010/3/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞12日付朝刊1面に掲載した連載企画「政権」の記事は、衆院選を前に変化する「政」と「官」の距離感を描いた。政権交代が現実味を帯びる中で立ち位置を探る霞が関官僚。その様子は各省トップの記者会見という「表舞台」を見るだけでも手に取るように分かる。

(文末に関連コラム「財務省の苦い思い出」)

農水省「コメント差し控えたい」

「各政党のマニフェスト(政権公約)については内容が詳細に書かれている訳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]