/

人事、花王

(1月1日、Cはセンターの略)〔コンシューマープロダクツ事業統括部門〕グローバル事業推進C事業人財開発兼化粧品事業部門事業企画C人財開発(事業推進部門事業人財開発)柴田克人

〈DX戦略推進C〉DXデザイン(スキンケア・ヘアケア事業企画)豊田正博▽ECビジネス推進、生井秀一▽カスタマーサクセス、鈴木直樹▽MKプラットフォーム、後藤亮

マーケティング創発C副C長兼ブランドマネジメント開発(パーソナルヘルス事業部長)吉海直樹▽作成Cクリエーティブプロデュース、岡本学▽生活者コミュニケーションC商品コミュニケーション、野村由紀▽ライフケア事業部門ソリューションビジネス開発、寺田英治▽同事業基盤開発、高橋寛臣

〈ヘルス&ビューティケア事業部門〉商品事業開発C長兼スキンケア商品開発(ビオレ事業部商品開発)高鍋英信▽パーソナルヘルス事業部長兼商品事業開発C新規事業開発(ソフィーナ事業部長)池辺順子▽アジア事業推進、安江晋太郎▽事業企画、水谷淳

〈ハイジーン&リビングケア事業部門〉商品事業開発C長兼新規事業開発兼ファブリックケア商品開発(ファブリックケア事業部商品開発)岡本好正▽アジア事業推進、岩田毅

〈化粧品事業部門〉プレステージビジネスグループ長、前沢洋介▽同グループSENSAIブランドグループ長兼KANEBO/LUNASOLブランドグループ長、山口聡一▽同est/FFブランドグループ長(モルトンブラウンジャパン社長)大倉誠一▽マステージビジネスグループ長、小林恵美▽リージョナルブランドビジネスグループ長、春日真司▽商品事業開発C長(ソフィーナ事業部商品開発)木場淳介▽同Cスキンケア商品開発(キュレル事業部商品開発)丸山明子▽同メイクアップ商品開発、江川裕一郎▽同生活者リサーチ、岩田佳代子▽同次世代商品開発、西村陽子▽同商品開発企画、松井順一▽ビューティリサーチ&クリエーションC長(化粧品美容兼美容ソフト開発)井ノ上礼子▽同C美容ソフト開発、井上弥生▽海外事業統括C長、井村昌隆▽同C海外事業企画、古橋和哉▽同海外事業推進、沖本志朗▽同トラベルリテール(化粧品トラベルリテール部営業)赤堀真之▽事業企画C事業推進(事業管理)田黒泰宏▽同戦略企画、塩地秀行

〔ケミカル事業部門〕機能材料事業部機能材料企画、油脂事業部オレオ企画・福島哲朗

〈油脂事業部〉オレオケミカル(油脂化工品営業)酒巻正治▽コンシューマーケア、河合博之▽アグロケミカル(香粧・医農薬営業)鈴木忠幸▽機能性食品(食油営業)森下昭寿

〈機能材料事業部〉アドバンストマテリアル(アドバンストケミカルス営業)作本光央▽エコインフラ(インフラ営業)吉川竜平▽エコプロセスケミカル(環境・エネルギー営業)浜井利正

情報材料事業部エコプリンティング(画像材料営業)山瀬実律▽同電子材料(電子材料営業)岡村真美

〔研究開発部門〕研究運営・管理、小松崎啓行▽テクノケミカル研究所副所長、三宅登志夫▽解析科学研究所長、田中篤史▽安全性科学研究所副所長、坂口斉

〔品質保証部門〕安全管理C長(安全管理C副C長兼安全性情報)塩屋靖▽同C安全性情報、川田貴史▽技術法務C戦略企画・信頼性保証グループ(信頼性保証)渡辺慎▽同Cコンシューマープロダクツ技術法務(技術法務推進)田中規弘▽同化学品・原料技術法務、宮永清一

SCM部門製造統括C栃木工場長、三好一仁

〔コーポレート戦略部門〕〈経営サポートC〉C長、社長室長畑瀬孝利▽外部連携室長、松尾恵子▽中期戦略、安藤賢治▽コーポレートデベロップメント、手塚隆司▽コーポレートブランディング、荒瀬良子▽企業文化、木原雅子

先端技術経営改革(研究開発部門研究運営・管理)桑原裕史▽デジタル事業創造(コンシューマープロダクツ事業部門マーケティング創発部門コンシューマーリレーション開発)鈴木愛子▽危機管理・RC推進(経営サポート部門危機管理)大谷泰久

ESG部門ESG活動推進、高橋正勝

モルトンブラウンジャパン社長、小島正也

▼機構改革=〔コンシューマープロダクツ事業統括部門〕(1)DX戦略推進センターにDXデザイン部、ECビジネス推進部、カスタマーサクセス部、MKプラットフォーム部を新設(2)作成部門を作成センターに改称(3)広告作成部をコミュニケーション作成部に、パッケージ作成部を商品デザイン作成部に改称(4)生活者コミュニケーションセンターの業務サポート部をコミュニケーション業務推進部に改称(5)ライフケア事業部門にヘルス&ウェルネス事業部を編入(6)同部門にソリューションビジネス開発部、事業基盤開発部を新設

〈ヘルス&ビューティケア事業部門〉(1)商品事業開発センター、アジア事業推進部、事業企画部を新設(2)ビオレ事業部を編入し、スキンケア事業部とする(3)ヘアケア事業部、パーソナルヘルス事業部を編入(4)商品事業開発センターに新規事業開発部、スキンケア商品開発部、ヘアケア商品開発部、パーソナルヘルス商品開発部を新設

〈ハイジーン&リビングケア事業部門〉(1)商品事業開発センター、アジア事業推進部、事業企画部を新設(2)ファブリックケア事業部、ホームケア事業部、サニタリー事業部を編入(3)商品事業開発センターに新規事業開発部、ファブリックケア商品開発部、ホームケア商品開発部を新設

〈化粧品事業部門〉(1)ソフィーナ事業部、キュレル事業部を再編したプレステージビジネスグループ、マステージビジネスグループ、リージョナルブランドビジネスグループを設置(2)商品事業開発センター、海外事業統括センターを新設(3)商品事業開発センターにスキンケア商品開発部、メイクアップ商品開発部、生活者リサーチ部、次世代商品開発部、商品開発企画部を新設(4)化粧品事業企画部を事業企画センターに改称

〔コーポレート戦略部門〕(1)PR戦略センターに広報部、社会貢献部を編入(2)経営サポートセンターに外部連携室、中期戦略部、コーポレートデベロップメント部を新設(3)同センターに社長室、コーポレートブランディング部、企業文化部を編入(4)先端技術経営改革部、デジタル事業創造部、危機管理・RC推進部を新設(5)IR部を編入

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン