/

人事、花王

(1月1日、Cはセンターの略)〔コンシューマープロダクツ事業統括部門〕グローバル事業推進C事業働き方改革(事業横断テーマ推進)高田精千▽DX戦略推進C副C長、DXデザイン・豊田正博▽マーケティング創発C生活者情報開発(表記・表示マネジメント)小川英子

〈ヘルス&ビューティケア事業部門商品事業開発C〉新規事業開発(スキンケア商品開発)C長高鍋英信▽新規事業開発部事業戦略・MK(新規事業開発)パーソナルヘルス事業部長池辺順子▽スキンケア商品開発、柏隆裕▽パーソナルヘルス商品開発、佐藤伸一

〈ハイジーン&リビングケア事業部門〉商品事業開発C商品戦略企画、ホームケア商品開発・上中博和▽ファブリック&ホームケア販売企画、ファブリックケア事業部長中尾良雄▽サニタリー事業部長、岩野雄一

欧米事業グループ欧米事業オペレーション管理、峯岸佳雅▽同欧米事業サポート、赤木裕一▽化粧品事業部門事業推進C海外事業運営、山崎政宏

研究開発部門ヘルス&ウェルネス研究所副所長、川田裕三▽同サニタリー研究所長、豊島泰生▽同ハウスホールド研究所副所長、杉山陽一▽品質保証部門医薬品品質保証、工藤道誠

〔SCM部門〕製造統括C東京工場長、小林英男▽同川崎工場長(東京工場長)小松利照▽デマンド・サプライ計画Cハイジーン&リビングケアサニタリーデマンド・サプライグループ長兼メリーズデマンド・サプライグループ長、舛木哲也

人財開発部門智創、森信子▽同社員サービス、穴見勝徳

▼機構改革=〔コンシューマープロダクツ事業統括部門〕グローバル事業推進センターに事業働き方改革部を新設し、事業横断テーマ推進部、事業人財開発部を統合

〈マーケティング創発センター〉①マーケティングリサーチ部、表記表示マネジメント部をブランドマネジメント開発部に統合②生活者研究部を生活者情報開発部に、メディア企画部をメディア企画開発部に改称

〈作成センター〉①クリエーティブプロデュース部をコミュニケーション作成部に統合②クリエーティブ推進部をクリエーティブ業務推進部に改称

〈ハイジーン&リビングケア事業部門〉①商品事業開発センターの新規事業開発部を商品戦略企画部に改称②ファブリック&ホームケア販売企画部を新設③アジア事業推進部をファブリック&ホームケアアジア事業推進部に改称

〈欧米事業グループ〉①欧米事業オペレーション管理部、欧米事業サポート部を新設②欧米事業部、欧米事業管理部を廃止

〈化粧品事業部門〉①事業企画センターを事業推進センターに改称②海外事業統括センターを廃止

〔品質保証部門〕①技術法務センターを技術法務・技術渉外センターに改称②戦略企画・信頼性保証グループを戦略・技術渉外部に改称③医薬品品質保証部を新設

〔コーポレート戦略部門〕①経営サポートセンターのコーポレートデベロップメント部を中期経営戦略部門に移管し、新コア事業開発部とする②デジタル事業創造部を中期経営戦略部門に移管③PR戦略センターの広報部を企業PR戦略部に改称

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン