/

ワイハウ、通期の最終損益予想を下方修正 100万円の黒字から1億4200万円の赤字に

THEWHYHOWDOCOMPANYは26日、2022年8月期の最終損益が1億4200万円の赤字(前期は5億8100万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想の100万円の黒字から下方修正した。営業損益が1億7500万円の赤字(前期は5億1400万円の赤字、従来予想は500万円の黒字)、経常損益が1億3800万円の赤字(前期は4億500万円の赤字、従来予想は1000万円の黒字)、売上高は前期比2.3%増の9億2200万円(従来予想は前期比53.7%増の13億8500万円)と、それぞれ予想を引き下げた。

ワイハウはスマートフォン向けプラットフォームソリューションやIoT関連ソリューションなどを行うソリューション事業のほかに飲食関連事業、教育関連事業なども手掛ける。業績修正の理由について、同社の説明は以下の通り。

個別業績予想(子会社を含まない)については、ソリューション事業において、興和との協働事業の進捗に時間を要しているほか、複数の案件で、事業計画に遅れが出たり中止となったりしていることにより売上が計画を3億4200万円下回る見込みとなった。利益見込みの減少に加えて、販売目的ソフトウェアの追加償却5100万円を見込んでいることから、計画していた営業利益を1億5700万円下回ることとなった。連結業績予想(子会社を含む)については、新型コロナウイルス感染症による影響が残るなかで、子会社が行う飲食関連事業における直営店が、各自治体の自粛要請等による時短営業や休業に伴う客数の大幅な落ち込み等の影響からの回復に時間を要していることにより、計画していた売上を4億6300万円及び営業利益を1億8000万円下回る見込みとなった。伴い、現時点では確定した数値はないが、のれん等固定資産の追加償却や減損等を行う可能性があり、詳細が判明し次第開示する予定である。

決算サマリー自動生成について
企業がネット上に開示した決算発表資料から業績データやポイントを人工知能(AI)技術を使って自動で文章を作成しました。詳しくはこちらをご覧ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません