/

横浜市大とCROSS SYNC、重症患者管理アプリケーションの実装研究を開始

発表日:2023年01月10日

重症患者管理アプリケーションの実装研究を開始

急性期医療現場の医療従事者を支援します

公立大学法人横浜市立大学と株式会社CROSS SYNC(本社:横浜市金沢区 代表取締役:高木俊介、中西彰)は、横浜市立大学附属病院において、医療従事者の遠隔診療(遠隔ICU等)のサポートを行う重症患者管理アプリケーションを用いた実装研究を開始しました。

集中治療専門医が不足する医療現場において、本アプリケーションを実装することにより、「医療安全と質の改善」「現場医療と遠隔ICUスタッフの負担軽減」を目指します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

重症患者管理アプリケーションは、医療従事者の院内業務のサポートを目的としたソフトウェアです。具体的には、バイタルサインや患者さんの映像を外部機器から収集し、視覚化することで、患者さんの状態のモニタリングを病院内において、いつでも、どこでも、行うことができます。これにより、病棟レベル、患者レベルでの状況把握、質の高い情報共有を促進し、急性期医療における医療の質向上に貢献します。

重症患者管理アプリケーションは2024年4月に施行される医師の働き方改革を推進する一環として、2022年4月に横浜市立大学附属病院に導入されました。

次いで、同病院では2022年12月より、重症患者管理アプリケーションを使用した医療従事者(医師・看護師)を対象としたユーザビリティ調査および他の医療機器とのデータ連携に関するヒアリング調査を観察研究として開始しました。

本研究は、横浜市立大学附属病院の麻酔科及び救急科の医師、集中治療系病床の看護師が臨床業務の開始から終了までの間に重症患者管理アプリケーションを用いて業務をし、業務終了後に使用満足度アンケートに回答した後、必要に応じて10分程度のインタビューを受けるというものです。加えて、実装されているアクセスログの収集機能によるログの可視化や他の医療機器とのデータ連携に関するヒアリングを行うことで、急性期医療現場における重症患者管理アプリケーションの必要要件の検討を行います。

本研究で得られた結果から、各機能に関する要否や改善の可能性、ボタンの押しやすさや画面の見やすさ等のユーザーインターフェースに関する改善等について検討し、急性期医療現場の医療従事者にとってより使いやすく、一層の労務改善に繋がる有効的な研究・開発に取り組んでまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/647231/01_202301101152.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/647231/02_202301101152.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません