/

大成建設・室蘭ガスなど、北海道室蘭市で水素サプライチェーンを構築する実証事業を開始

発表日:2022年11月24日

北海道室蘭市で水素サプライチェーンを構築する実証事業を開始

環境省「令和4年度既存のインフラを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業」に採択

大成建設株式会社(社長:相川 善郎)は、室蘭ガス株式会社(社長:末長 守人)を代表企業として、室蘭市(市長:青山 剛)、公益財団法人室蘭テクノセンター(理事長:栗林 和徳)、国立大学法人室蘭工業大学(学長:空閑 良壽)、株式会社産学連携機構九州(社長:前田 真)、エア・ウォーター北海道株式会社(社長:加藤 保宣)、株式会社北弘電社(社長:高橋 龍夫)と共同で、水素の製造・貯蔵・配送・利用までのサプライチェーンを構築する実証事業を行います。本実証事業は環境省が公募した「令和4年度既存のインフラを活用した水素供給低コスト化に向けたモデル構築・実証事業」へ当グループが提案した「既存のガス配送網を活用した小規模需要家向け低圧水素配送モデル構築・実証事業」が採択されたもので今年度から実施します。

本実証事業では、北海道室蘭市が所有する祝津風力発電所で発電した電気を使い、水電解水素製造装置で水素を製造、既存のガス配送網に混載可能な円筒型水素吸蔵合金タンク(以下「MH(※1)タンク」)に充填し、需要家まで配送します。

現在、産業用分野で普及している水素配送方法は14.7MPa又は19.6MPaの高圧水素ガスボンベで配送していますが、今回は水素吸蔵合金を用いることで水素を低圧で大量かつ安全に配送することが可能です。これにより建物や街区、特に一般住宅などの小規模需要家への水素の普及促進を実証するものです。充填したMHタンクは、ガスボンベ等と同様に配送トラックに混載し、室蘭市内の水素利用場所に運びます。

水素利用場所としては、一般住宅の他、小規模ロードヒーティング、小規模店舗、宿泊施設、金属加工工場となります。

本実証事業は水素供給コストの低減を目的としており、下記の実証を行います。

(1)既存のLPG配送網を活用することによる配送コストの低減実証

(2)再エネ変動に追従した水電解装置の稼働率向上によるコスト低減実証

(3)水素利用方法の多様化(小規模需要家へ機器を設置)による普及コストの低減実証

(4)水素製造時の副生酸素の有効利用(陸上養殖への利用)による水素コスト低減実証

※1 MH=水素吸蔵合金

■モデル構築・実証イメージ図

*添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

■モデル構築・実証イメージ図

https://release.nikkei.co.jp/attach/644690/01_202211241724.jpg

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません