/

豊田通商とトーカイ、インドに医療周辺サービスを行う合弁会社を設立

発表日:2022年08月17日

インドに医療周辺サービスを行う合弁会社を設立

〜リネン品など日本式の安心・安全なサービスをインド国内に提供〜

豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、株式会社トーカイhttps://www.tokai-corp.com/)(以下、トーカイ)と、インド国内で病院向けリネンサプライなどの医療周辺サービスを行う会社の設立に関する合弁契約を、本日、締結いたしました。

1. 設立の背景と目的

豊田通商は2014年から、インド南部のベンガルール(バンガロール)においてセコム医療システム株式会社と共同でSAKRA WORLD HOSPITAL(サクラ病院)の運営を行っております。日本とは異なる運営上の課題に対し、改善を繰り返しながらサクラ病院の医療品質向上に取り組み、地域医療の発展に貢献してまいりました。

感染管理が求められるリネン品の回収や洗濯・在庫管理等について、現地には日本式の高品質なサービスを提供する事業者がなく、開業当初からこの分野で日本のリーディング企業のひとつであるトーカイの支援を得て、現地の事業者とともに、リネン品をはじめ、感染管理が必要な分野の課題解決・品質向上に努めてきました。

高い経済成長を続け、中間所得層が増加するインドにおいては高品質な医療へのニーズが高まっており、リネン品に限らず、感染管理分野の品質向上が強く求められております。

このような中、豊田通商の強みであるトヨタ式の現場改善や運営効率化ノウハウと、トーカイの強みである日本式の感染管理技術や医療周辺事業のノウハウを融合し、サクラ病院で培った高品質な医療周辺サービスを提供する合弁会社を設立することといたしました。

2. 今後の展開

ベンガルールに会社を設立後、新会社では、2022年10月からの事業開始に向けた準備を進めてまいります。まずは、配送から在庫管理・回収・洗濯などを効率的かつ高品質に提供するリネンサプライ事業を、ベンガルール周辺で展開し、インドの病院市場における、新しいリネンサプライの事業モデルを構築します。その後、複数の大都市でも展開し、将来的にはリネンサプライ事業にとどまらず、インドのニーズにあった医療周辺サービスの提供を目指してまいります。

豊田通商は、インド国内における病院運営と高品質な医療周辺サービスの提供を通じて、より安心・安全な医療の提供と、地域医療の発展に貢献してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/638395/01_202208171703.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン