/

DTS、マネロン対策システム AMLionに金融商品スクリーニング機能を追加

発表日:2022年08月17日

DTS】マネロン対策システム AMLionに金融商品スクリーニング機能を追加

ロシア・ウクライナ問題による対象銘柄数の激増に対応

株式会社DTS(東京都中央区、代表取締役社長 北村 友朗)は、国際基準に準拠したマネー・ローンダリング対策システム「AMLion(アムリオン)」の取引モニタリング機能に金融商品スクリーニング機能を追加し、2022年の夏から提供を開始しました。

OFAC等の世界各国の政府機関が指定した経済制裁対象者が経営者や実質的支配者になっている企業が発行する証券等の金融商品を、取引・保有しないことは金融機関の責務となっています。しかし近年、ロシア・ウクライナ問題により対象となる金融商品が激増し、それに伴い金融機関が金融商品を取引する際のコンプライアンスチェック業務の負荷が増加しています。

そこでDTSでは国内資産運用会社向けに、ロンドン証券取引所グループ傘下のリフィニティブ(以下、「リフィニティブ」)が提供する専用データ「Financial Instrument Risk Intelligence (FIRI)」と連携する金融商品スクリーニング機能をAMLionに追加しました。2022年下期からは新たに資産運用会社、信託銀行への提案を強化し、金融のあらゆる業態のコンプライアンスチェック業務の高度化・効率化に貢献していきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

【AMLionの概要】

AMLionは、国内外の最新ガイドラインに対応したマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CFT)パッケージソフトです。

取引モニタリング機能・ウォッチリストスクリーニング機能・取引フィルタリング機能・顧客デューデリジェンス機能といったAML/CFTシステムに要求される機能を一つの製品で装備しています。すでに他社製品の一部機能が導入されている場合には、必要な機能のみを切り出して提供することも可能です。

規制動向や顧客ニーズに応じて様々な先進機能を短期間に追加でき、暗号資産リスク評価サービスやIPアドレス情報提供サービスといった外部サービスとの連携機能や、AIを活用した独自機能を搭載しています。AMLionの詳細については、以下のサイトをご参照ください。

https://dtsfinsolution.jp/amlion/

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/638330/01_202208171118.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/638330/02_202208171118.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連リンク

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン