/

矢野経済研究所、AGV/AMR(搬送ロボット)市場に関する調査結果を発表

発表日:2022年08月17日

AGV/AMR(搬送ロボット)市場に関する調査を実施(2022年)

2021年度のAGV/AMR国内市場規模は台数・金額とも2年連続で縮小

〜2022年度以降は人手不足感や設備投資需要の高まりなどから、台数・金額とも拡大を見込む〜

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内のAGV/AMR(搬送ロボット)市場を調査し、タイプ別動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

※グラフ資料(1)・(2)は添付の関連資料を参照

1.市場概況

AGV/AMR(搬送ロボット)の市場規模(メーカー出荷ベース)は、2020年度は7,055台(前年度比6.7%減)、161億5,000万円(同14.2%減)、2021年度は6,400台(同9.3%減)、158億7,000万円(同1.7%減)と2年連続で、台数・金額とも前年度を下回った。

2020年度は新製品投入などによる押し上げ効果があったものの、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動等の先行き不透明感から、ユーザー企業側で設備投資を一時凍結するケースが目立ち、市場全体としては減少となった。2021年度は長期化するコロナ禍の影響に加え、2020年後半から発生した半導体不足で製品の出荷が大幅に制限されたことから、前年度に続いてマイナス成長となった。

2.注目トピック

■半導体不足の影響と対応

AGV/AMRメーカー各社によって多少の差があるものの、2020年後半から続く半導体不足では何かしらの影響が出ており、障害物の検知などに使われるLiDARの他、モータ、バッテリー、コネクタなどの不足が目立っている。物によっては納期が1年以上となるケースも聞かれ、少なくとも2023年夏頃までは部品不足の影響が続くとみられる。この影響でユーザー企業への納期も長期化しており、概ね半年程度に延びるケースが散見される。

こうしたサプライチェーンの混乱に対し、AGV/AMRメーカー各社では様々な対応が取られている。特に多い対応策としては、早期受注の獲得により部品の先行確保に努める、部品の供給元の切り替え・代替により部品調達を柔軟化する、などが聞かれる。このほか、部品の調達性(部品確保が容易にできるか)を織り込んだ設計変更や、サポート面での満足度向上に資する改良に取り組むメーカーもみられる。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/638315/01_202208171027.png

グラフ資料(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/638315/02_202208171027.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/638315/03_202208171027.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン