/

東邦大、エイコサペンタエン酸(EPA)が循環器系疾患を予防するメカニズムの一端を解明

発表日:2022年08月16日

エイコサペンタエン酸(EPA)が循環器系疾患を予防するメカニズムの一端を解明

−EPAが冠動脈・脳動脈のプロスタノイドTP受容体を介した収縮を抑制する−

東邦大学薬学部薬理学教室の田中芳夫教授らの研究グループは、魚油に含有されるエイコサペンタエン酸(EPA)が冠動脈・脳動脈のプロスタノイドTP受容体(注1)を介した収縮反応を即時的かつ強力に抑制することを見出しました。冠動脈や脳動脈のTP受容体の活性化は、狭心症や脳血管れん縮(注2)などの循環器系疾患に関与することが知られていることから、EPAの摂取がTP受容体抑制作用を介して循環器系疾患に対する予防効果を発揮する可能性があります。この研究成果は2022年7月27日に雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

◆発表者名

吉岡 健人(東邦大学薬学部薬理学教室 助教)

小原 圭将(東邦大学薬学部薬理学教室 講師)

田中 芳夫(東邦大学薬学部薬理学教室 教授)

◆発表のポイント

●EPAは、魚油に含有されるn-3系多価不飽和脂肪酸で、循環器系疾患による死亡リスクを低下させることが知られています。しかしながら、死亡リスクに直結する冠動脈や脳動脈の収縮機能に対するEPAの即時的な効果は不明なままでした。

●本研究では、EPAがブタ冠動脈および脳底動脈のプロスタノイドTP受容体を介した収縮反応を選択的かつ強力に抑制することを見出し、ヒト細胞においてもEPAがTP受容体を介した細胞応答を選択的に抑制することが再現されました。

●冠動脈や脳動脈のTP受容体の活性化は、狭心症や脳血管れん縮などの循環器系疾患の発症に関与する可能性が指摘されています。本研究結果は、EPAがTP受容体を即時的かつ選択的に抑制することで、TP受容体刺激を契機として発生する循環器系疾患を予防できる可能性を示しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/638297/01_202208161634.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン