/

商船三井など、航空宇宙工学を取り入れた風力推進船の共同研究を開始

発表日:2022年08月04日

航空宇宙工学を取り入れた風力推進船の共同研究を開始

〜風力活用の船舶開発における新たなフェーズ〜

株式会社商船三井(代表取締役社長:橋本剛、以下「商船三井」)、商船三井テクノトレード株式会社(代表取締役社長:川越美一、以下「MOLTT」)、東海大学(学長:山田清志)、株式会社三井造船昭島研究所(代表取締役社長:前田泰自、以下「三井昭研」)の4者は、航空宇宙工学を取り入れた船舶の風利用推進に関する共同研究を行なうことで合意しました。

商船三井、MOLTT、三井昭研の3社は、風を船舶の推進力に変えGHG(Greenhouse Gas:温室効果ガス)排出を削減する「ISHIN船型」(註1)を共同開発し船舶への採用を進めていますが、この度、東海大学 工学部 航空宇宙学科 福田紘大 准教授(註2)と協業することで、「ISHIN船型」に航空宇宙工学技術を取り入れたさらに高度な「風力活用の船体形状に関する研究開発」を行います。

「ISHIN船型」を船舶に採用することで、北米航路運航において約5%のGHG排出削減が可能ですが、これにさらに航空宇宙工学分野で培われた技術を導入することで約12%以上のGHG削減を目標にしています。

商船三井グループは「商船三井グループ 環境ビジョン 2.1」(註3)において、2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を掲げました。グループ一丸となって、船舶からのGHG排出削減に向け技術開発と実装に積極的に取り組むと共に、お客様や社会の環境負荷低減のニーズに応え、脱炭素化社会の実現に貢献します。(図1)

東海大学・福田研究室では、これまで、ロケットおよび航空機の流体力学特性の把握をはじめ、高性能ソーラーカーの空力開発、ソーラー無人飛行機の開発、さらには流体シミュレーションの医療分野への応用等の研究活動を行っており、今回の共同研究により船舶分野の共同研究に幅を広げることになります。(図2)

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/637778/01_202208041705.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン