/

ラオックスグループのシャディ、AI画像テクノロジー「SpeedSize」をECサイト「シャディギフトモール」に導入

発表日:2022年08月02日

日本初!ラオックスグループのシャディ、イスラエルのスタートアップ企業が提供するAI画像テクノロジー「SpeedSize」をECに導入

サイトの表示速度を改善し、シャディギフトモールの利便性を高める

ラオックスグループ、ギフト販売大手のシャディ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:飯田健作)は、イスラエルのスタートアップ企業SpeedSize社(※1)のAI画像テクノロジー「SpeedSize」を、自社ECサイトのシャディギフトモール(https://shaddy.jp)に導入いたしました。「SpeedSize」の導入により、シャディギフトモールのページ読み込み速度や、表示速度などサイトの利用に伴うスピード改善を果たし、今後、更にシャープで高速なメディアへと進化させることで、お客様の利便性を高めます。なお、日本において、「SpeedSize」を導入するのは、シャディが初めてです。

*参考画像は添付の関連資料を参照

シャディギフトモールでは、ギフト商材を中心に約20,000商品を掲載し、お客様への最適な情報の提供に向けて、コンテンツの拡充と画像の充実化を進めてまいりました。一方で、サイトの情報量を増やせば増やすほど、ページ速度が遅くなるというジレンマも抱えておりました。サイトのリッチ化とページの速度改善の対応を目的に、この度、「SpeedSize」を導入し、お客様の利便性向上を目指します。「SpeedSize」は、人間の目では識別不可能なクオリティで最大99%の動画や画像を圧縮し自動最適化することで、ページの読み込み速度や表示速度、応答速度を改善するAI技術です。シャディは、今年5月末にサイト実装を完了し、現在まで読込速度(Speed Index)は従来比約21%の改善を果たしています。

2026年に創業100周年目を迎えるシャディは、成長戦略の柱の一つにオムニチャネルを掲げております。2022年6月にはメタバース空間において優れた一覧性と利便性を兼ね備えた新たなタッチポイント「メタバースカタログ」を展開するなど、新技術を取り入れながら、全国約2,200の販売店や、シャディギフトモール、その他各チャネルとの連携を高めています。今後も世界中の最新テクノロジーを積極的に導入し、お客様により楽しく快適なショッピング環境の提供を進めていきます。

※1:日本では株式会社ギャプライズが展開しています。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/637629/01_202208021741.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/637629/02_202208021741.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン