/

アイリスオーヤマ、小売店舗の価値創造と課題解決を総合支援するストアソリューション事業に参入

発表日:2022年07月19日

法人事業の基盤を拡大

「ストアソリューション事業」に新規参入

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、法人事業の基盤を強化、拡充するため、小売店舗の価値創造と課題解決を総合支援する「ストアソリューション事業」に新規参入します。

近年、小売業にとって慢性的な人手不足が課題となっており、働き方改革や、新型コロナウイルス感染症の予防対策など、店舗運営の業務負担が増加しています。また、電気料金の値上げが続き、店舗運営経費の増加が経営に大きな影響を与えています。更に電子商取引(EC)サイトでの物品やサービスの売買が増加し、従来の競争環境が急速に変化しています。そうした中で、小売店舗はリアル店舗の強みを活かすために、リアル店舗でしか得られない顧客体験と付加価値を提供することが課題になっています。

そこで、今回当社が新規事業参入する「ストアソリューション事業」では、店舗に必要な什器・内装、LED照明、オフィス家具に加えて、IoTやDX清掃ロボットなど当社の多様な事業領域における豊富な商材やサービスを活かして、小売業者に対して店舗運営の課題解決とリアル店舗の付加価値の創造を総合的に提案します。ストアソリューション事業の概要は以下の通りです。

■ストアソリューション事業概要

<省人化・省力化>

IoTセンサー技術を活用して、店舗オペレーションの自動化を推進します。IoTセンサー等の機器により、店舗における様々な記録作業を自動化することで業務のDXを推進します。また、省人化什器や店舗スタッフの作業効率等を「見える化」することで、店舗運営マネジメントの変革を支援します。

※参考画像(2)・(3)は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/636650/01_202207191347.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/636650/02_202207191347.png

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach/636650/03_202207191347.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/636650/04_202207191347.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン