/

ランクセス、自動運転支援システム用のレーダーセンサーに適したハウジング素材を開発

発表日:2022年07月08日

ランクセス、自動運転支援システム用のレーダーセンサーに最適なハウジング素材を提供

●レーダー波に対する高い透過性

●優れた加水分解安定性・寸法安定性を提供する素材

●レーザー透過溶着法を用いたコスト効率の高い生産体制

ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、自動運転支援システム用のレーダーセンサーに適したハウジング素材を開発したと発表しました。近年の自動車には、数多くの先進的な運転支援システム(ADAS)とそれに対応するセンサーが搭載されており、その数は増加の一途をたどっています。ADASはすべての道路利用者の安全性を向上させ、高度な自動運転の実現を支援しています。ドイツの大手市場統計機関であるスタティスタ(Statista)によると、ADAS市場は2023年に320億米ドル(約280億ユーロ)の取引規模に達し、年間成長率は17%になると見込まれています。

「ランクセスにとって、ADASレーダーセンサーとそのハウジングは、ポリブチレンテレフタレート(PBT)およびポリアミドコンパウンドの重要な応用分野です。ランクセスでは、この分野で求められる技術的要件を満たす幅広い製品群を取り揃えています。これらの製品は、レーダー波に対する高い透過性、寸法安定性、レーザー溶着性、機械的特性など、車載用センサーを安全かつ強固に固定するための優れた特性を有しています」と、HPMビジネスユニットのADASエキスパートであるクリストファー・ホフス博士は述べています。

■高いレーダー周波数においても良好な伝達

ADASセンサーは、車両の周囲全体を監視します。それらの動作は、レーダーまたはレーザービーム(LiDAR)、超音波、または撮像技術の使用などの電磁波に基づいており、センサーハウジングに選択する素材に大きな影響を及ぼします。例えば、レドームとも呼ばれるレーダーセンサーハウジングの前面は、レーダービームを透過させることが不可欠です。放射損失を最小にするために、レドーム用の材料は、低い誘電率(Dk)と損失係数(Df)を提供しなければなりません。そのため、ランクセスは、製品群の多くのコンパウンドについて、一方向の減衰、周波数と材料の厚さの関数としての特定の透過性と反射の測定を含む、広範囲な試験を実施しています。「ランクセスは、利用が拡大しているADASレーダーの周波数77〜81ギガヘルツに適したDk値とDf値を持つPBTを、多数保有しています」と、ホフス博士は述べています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/636130/01_202207081554.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません