/

サンケン電気、全負荷領域高効率 グリーンモード搭載電源IC「STR6S161HXD」を量産開始

産業:

発表日:2022年07月04日

全負荷領域高効率 グリーンモード搭載電源IC「STR6S161HXD」量産開始のご案内

■概要

サンケン電気株式会社(埼玉県新座市北野3-6-3)は、全負荷領域高効率 グリーンモード搭載電源IC「STR6S161HXD」の量産を開始いたしましたのでお知らせします。

近年、地球温暖化やサスティナビリティの観点で、エネルギーの有効活用が急務となっています。また電源においては、欧州や米国を中心に様々な規制が強化される中、全負荷領域での効率化を促す規制もでてきています。

STR6S161HXDは、以下の特長を備えた電流モード型PWM制御ICとパワーMOSFETを1パッケージにした、PWM型スイッチング電源用パワーICです。

・グリーンモード搭載により、低〜中負荷領域で高効率な電源設計が可能

・ステップドライブ制御により、2次側整流ダイオードの耐圧を従来よりも低く設定可能で全体効率の向上に寄与

・幅の広いリードを備えた新規面実装パッケージ(SOIC16)を採用し、同パッケージで最高クラスの放熱性を実現

・2種類のAC入力電圧保護機能を搭載しており、電源供給が不安定な地域でも安全に使用可能

■主な特徴

(1)グリーンモード

消費電力低減のため、スタンバイ時の軽負荷領域では従来からバースト発振動作に切り替える機能が搭載されていましたが、スマート家電などの家電の進化に伴い、低〜中負荷領域の電源効率の向上も求められています。

STR6S161HXDは、グリーンモード機能により、低〜中負荷領域の効率が向上でき、全負荷領域で効率の良い電源を設計することが可能です。

グリーンモードとは、負荷に応じて発振周波数を制御する機能です。負荷が軽くなるにつれて発振周波数を低減させます。

これにより、スイッチング損失が低減し、軽負荷〜中負荷での効率が向上します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像[1]

https://release.nikkei.co.jp/attach/635770/01_202207041354.PNG

参考画像[2]

https://release.nikkei.co.jp/attach/635770/02_202207041354.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635770/03_202207041354.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン