/

XAM、デジタル技術を融合させた3Dプリンター研究開発拠点「デジタルマニュファクチャリングセンター」を設立

発表日:2022年07月01日

デジタル技術を融合させた新たな3Dプリンター研究開発拠点の設立

株式会社NTTデータ ザムテクノロジーズ(以下、XAM)は、3Dプリンター技術とデジタル技術を掛け合わせることにより、これまでにないモノづくりを実現することを目的とし、デジタルマニュファクチャリングセンター(以下、DMC)を設立いたしました。

DMCでは、これまでXAMが培ってきた3Dプリンターの知見に、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)と共同で開発したソフトウェアを掛け合わせることで、3Dプリンターを活用したモノづくりの生産効率向上や品質保証の実現に努めて参ります。これにより、3Dプリンターのトータルソリューションプロバイダーとしての価値を高めると同時に、ユーザー企業様やパートナー企業様との共創を促進し、3Dプリンター技術の普及に向けてより一層貢献していきます。

【"デジタルマニュファクチャリングセンター"という名称に込めた想い】

3Dプリンターは、モノづくりに革新をもたらす新たな製造技術として広く認知されています。

一方で、私たちは、3Dプリンターを単なる「モノづくりのための製造技術」と捉えている訳ではありません。私たちは、3Dプリンターを「モノづくりのデジタル化や、DXによる変革において重要な役割を担う技術」だと考えています。

3Dプリンターは、デジタルデータから直接モノをつくることができる技術です。そのため、デジタルデータを保有しておけばあらゆる場所で同様の部品を造形する分散製造や、在庫を保管しておかずとも必要な時に必要な部品を調達できるオンデマンド製造の実現が可能となります。

さらには、3Dプリンターでモノを製造する過程で、大量のデータが生み出され、デジタル情報として保持していくことも可能です。それらの情報を活用することで、バリューチェーンの高度化や製造プロセスの効率化も実現できると考えています。

XAMは、これまでもAMデザインラボといった技術開発拠点を保有し、アプリケーション開発支援から小ロット最終製品の生産に至るまで、3Dプリンターを量産技術として活用するための支援を行ってきました。今回設立するDMCでは、AMデザインラボの機能を引き継ぐと同時に、3Dプリンターの持つデジタルの可能性を広く活用していくことで、新たなモノづくりの実現に貢献していきたいと考えています。

単なる「モノづくりのための製造技術」としての3Dプリンター工場ではなく、デジタル技術を融合させ、3Dプリンターの持つ可能性を最大限引き出し、3Dプリンターの普及・促進に貢献していきたいという想いから、"デジタルマニュファクチャリングセンター"という名称を付けました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635727/01_202207011704.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン