/

三井住友FGとSBIホールディングス、包括的資本業務提携に関する基本合意などについて発表

発表日:2022年06月23日

SMBC グループと SBI グループによる包括的資本業務提携に関する基本合意及び

三井住友フィナンシャルグループによるSBI ホールディングスの第三者割当増資の引受けについて

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループ CEO:太田 純、以下「SMFG」、同社グループを総称して「SMBC グループ」)、株式会社三井住友銀行(頭取 CEO:高島 誠、以下「三井住友銀行」)及び三井住友カード株式会社(代表取締役社長:大西 幸彦、以下「三井住友カード」)とSBI ホールディングス株式会社(代表取締役社長:北尾 吉孝、以下「SBIHD」、同社グループを総称して「SBI グループ」)及び株式会社 SBI 証券(代表取締役社長:高村 正人、以下「SBI 証券」)は、両グループの更なる成長及び発展に向けて、SMBC グループとSBI グループとの間の包括的な資本業務提携(以下総称して「本提携」)に関し、基本合意書(以下「本合意書」)を締結いたしました。

また、本提携に伴い、SBIHDは、SMFGを割当先とする第三者割当増資を行いますので、併せてお知らせいたします。

※ロゴは添付の関連資料を参照

本合意書は、本提携の検討にあたっての基本方針、その他必要事項を取り決めるものになります。

本提携に関する最終的な合意内容を定めた契約の締結は、提携内容の詳細について両グループで合意次第行う予定であり、開示すべき事項が発生した場合には、速やかに公表いたします。

また、本提携のそれぞれにつき、適用される法令等の範囲内で、かつ、法令等に基づき必要とされる手続がある場合には当該手続が完了した上で実施されます。

1.本提携の目的・概要

SMBC グループとSBI グループは、2020年4月に締結した戦略的資本・業務提携に関する基本合意の下、双方の強みを活かしてお客さまに一層の利便性を提供すべく、スマホ証券及び金融サービス仲介業や対面証券ビジネスをはじめとする様々な領域で連携強化に取り組んでまいりました。また、2020年7月からは、三井住友カードとSBI証券が個人向け資産運用サービスにおける業務提携をしておりますが、クレジットカードで投資信託が買える投信積立サービス(「三井住友カード つみたて投資」)では、サービス開始から1年足らずで積立設定金額が100億円を突破、口座数も26万口座超となるなど、多くのお客さまからご評価を頂いております。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/635090/01_202206231659.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/635090/02_202206231659.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン