/

川崎重工・大林組・関西電力・神戸市など、水素発電実証施設の発電実証で豪州から輸送した水素を使用

企業:大林組
産業:

発表日:2022年06月23日

水素発電にオーストラリアから輸送した水素を使用

〜水素を「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」がひとつなぎの道になる〜

技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)、川崎重工業株式会社、株式会社大林組関西電力株式会社、神戸市の5者は、神戸市ポートアイランドの水素発電実証施設「水素CGS実証プラント」の発電実証(以下、本実証)で、オーストラリアから輸送してきた水素を使用しました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

本実証により、水素をエネルギー利用するための「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」というサプライチェーンが一つにつながるモデルケースを示すことができました。日本では、2050年のカーボンニュートラルの実現に向けて、利用時に二酸化炭素を排出しない水素を利活用できる環境を構築するために様々な取り組みが実施されています。本実証は、5者がそれぞれカーボンニュートラルの実現のために挑戦してきた成果のひとつであり、海外から運んだ水素を国内で発電用燃料として利用するための大きな実績となりました。

5者は、本実証で得られた経験を活かし、今後も実証事業や技術開発を通じて、水素需給創出による好循環を通じた自立的な水素の普及拡大・社会実装に向けて取り組んでいきます。

【参考リンク】

・技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構

 https://www.hystra.or.jp/

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/635024/01_202206231151.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン