/

長谷工グループ、東京都多摩市と「第2回いきもの発見in多摩鶴牧」を共催

発表日:2022年06月13日

長谷工グループのCSR活動

東京都多摩市と共催「第2回いきもの発見in多摩鶴牧」

〜多摩市地域の住民を対象とした、HASEKO生物多様性セミナー〜

長谷工グループ(代表企業:長谷工コーポレーション、本社:東京都港区、社長:池上 一夫)は、2022年6月11日に株式会社プレック研究所(本社:東京都千代田区、社長:杉尾 大地)監修のもと、東京都多摩市と「第2回いきもの発見in多摩鶴牧」を共催致しました。

本セミナーは、長谷工テクニカルセンターに設置されているビオトープと近隣にある鶴牧西公園にて初夏の植物や動物を観察することを通じて、里山と雑木林、生き物の繋がりなど生物多様性について学習するイベントです。当日は、多摩市在住の小学生以上のお子様とその保護者7組20名(うち子供11名)が参加しました。

長谷工グループでは、2012年3月に策定した「長谷工グループ生物多様性行動指針(※1)」に従い、環境の保全に資する活動を通じてより快適で持続可能な地球環境を目指します。

今後もこうした活動に継続的に取り組むことで、自然環境の保全に貢献するとともに地域の振興・活性化に係る取り組みを進め、"大切にしたい風景"(※2)の実現に努めてまいります。

(※1)長谷工グループ生物多様性行動指針: https://www.haseko.co.jp/hc/csr/biodiversity/

(※2)2018年3月に制定した「CSRビジョン」及び「CSR方針」の元、長谷工グループのCSRが目指す姿として明文化した4つの取り組みテーマ(住んでいたい空間・働いていたい場所・大切にしたい風景・信頼される組織風土)の一つ。住まいづくりにおけるプロセスでの環境負荷の低減を推進するとともに、生物多様性に配慮した活動を行うことにより、より快適で持続可能な地球環境を目指します。

【実施概要】

日時:2022年6月11日(土)10:00〜12:00

場所:東京都多摩市鶴牧(長谷工テクニカルセンター・鶴牧西公園)

内容:

 ・自然観察を通した環境学習

 ・長谷工テクニカルセンター内のビオトープにて植物や魚の観察

 ・鶴牧西公園にてフィールドワーク

参加者:7組20名(うち子供11名) ※参加者は多摩市在住の方からの一般募集

◆参加者コメント◆

・いろいろ見られて楽しかった。

・気軽に質問できて良かった。学びもありながら体が動かせたので、子供も大喜びだった。

・子供達とゆっくりと散策が出来て良かった。自然を大切にしようと思った。

*参考画像(1)・(2)は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/634230/01_202206131431.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/634230/02_202206131431.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン