/

H&M、よりサステナブルな古着回収サービスの実現を目指し国内企業とパートナーシップを締結

発表日:2022年05月30日

H&Mジャパン、よりサステナブルな古着回収サービスを目指し、国内企業と新たなパートナーシップを締結

日本でのH&M古着回収サービスで回収された衣類は、新たに提携した国内企業にてリウェア、リユース、リサイクル、エネルギーに仕分けられ再利用されます。

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

ファッションとクオリティを最良の価格でサステナブルに提供するH&Mジャパン(エイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社 本社:東京都渋谷区宇田川町33-6 代表取締役社長:アネタ・ポクシンスカ、 以下H&M)は、よりサステナブルな古着回収サービスの実現を目指し、新たに日本国内の企業とパートナーシップを結ぶことを発表いたします。

H&Mでは、2013年より世界中で古着回収サービスを導入し、日本でも同年より国内全店舗で展開しています。古着回収サービスは、不要になった衣類をブランドや状態を問わずに回収するもので、1袋のお持ち込みにつき、次回の3,000円以上のお買い物で使える500円OFFのクーポンや、ポイントを提供しています。

古着回収サービスを含む、H&Mのサステナビリティへの取り組みはこちらからご覧ください。

https://www2.hm.com/ja_jp/sustainability-at-hm.html

●新たなパートナーシップについて

そしてこの度、H&Mジャパンはよりサステナブルな古着回収サービスの実現を目指し、今春から日本国内の古着リサイクル企業である、ファイバーシーディーエム株式会社(本社:大阪府泉南市りんくう南浜4-2)と新たにパートナーシップを結びました。今後、日本国内のH&M店舗で回収された衣類はすべてファイバーシーディーエムに送られ、衣類の状態に応じてリウェア、リユース、リサイクル、エネルギーのいずれかに仕分けられます。お客様の参加方法や特典に変更はなく、引き続きブランドや状態を問わず、国内の全店舗へ不要になった衣類やホームテキスタイルをお持ち込みいただけます。

※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

H&Mではすべての取り組みにおいて、よりサステナブルな方法を常に模索しており、古着回収サービスにおいても同様です。今回の新たな国内企業との提携で、輸送などにおいて、より環境負荷や物流リスクの低いオペレーションにて古着回収サービスを行い、同サービスを継続的に日本のお客様に提供することが可能になります。

また、よりサステナブルな方法を目指し、2022年初めには従来配布していた紙製のクーポンを完全に廃止し、デジタルクーポンへの切り替えも行いました。古着をお持ち込みいただいたお客様には、H&Mのロイヤリティプログラムである「H&Mメンバー」にご登録いただくことで、デジタルクーポンを獲得、使用いただけます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/633312/01_202205301351.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/633312/02_202205301351.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633312/03_202205301351.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン