/

GMOペパボと大日本印刷とエイベックス・テクノロジーズ、アート画像を素材にした"二次創作"を促進する実証実験を開始

発表日:2022年05月26日

GMOペパボ大日本印刷エイベックス・テクノロジーズ

アート画像を素材にした"二次創作"を促進する実証実験を開始

〜「minne byGMOペパボ」の作家・ブランドを対象にブロックチェーン証明書を付けて権利を許諾〜

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)と大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島 義斉 以下、DNP)、エイベックス・テクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:岩永 朝陽 以下、エイベックス・テクノロジーズ)は、個人クリエイターを主な対象とし、第三者の著作物であるアート作品の画像データを素材に新しいコンテンツを創作する「二次創作」に関する実証実験を、2022年5月26日(木)〜8月31日(水)の期間で実施します。

本実験は、ブロックチェーン技術を活用してコンテンツ利用に関する正規の許諾を証明することで、個人クリエイターによる「二次創作」の権利取得を簡便化し、「二次創作」の促進につながることを実証するものです。また今後、「n次創作」のコンテンツ市場を活性化させていくことを目指しています。

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

【二次創作を促進する実証実験開始の背景】

個人クリエイターが第三者の著作物を素材として新しいコンテンツを創作し(「二次創作」)、さらに別の個人クリエイターが二次創作物を素材に別のコンテンツを創作する(「n次創作」)循環の実現は、コンテンツ市場の活性化につながると期待されています。一方で、権利許諾を得るためには煩雑な手続きが必要になり、個人クリエイターが「n次創作」を公開・販売する際の障害となっています。こうした機会損失による潜在市場は1兆4千億円と推定されています(出典:経済産業省の令和元年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業n次創作活動に関する調査)。

今回3社はこの課題に対して、DNPグループがこれまで法人を対象に行っていたアート画像の利用許諾を個人クリエイターに広げ、個人クリエイターが「二次創作」を行える環境を提供し、「二次創作」の促進につなげる実証実験を行います。

※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/633114/01_202205261423.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/633114/02_202205261423.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/633114/03_202205261423.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン