/

不二製油グループ本社、佐賀県佐賀市・佐賀大・伊藤忠エネクスと共同でCO2を活用した大豆育成研究プロジェクトを開始

発表日:2022年05月18日

佐賀市・佐賀大学・伊藤忠エネクスと共同し、CO2を活用した大豆育成研究プロジェクト開始のお知らせ

不二製油グループ本社株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:酒井 幹夫、以下、当社)は、佐賀市(市長:坂井 英隆)、国立大学法人佐賀大学(学長:兒玉 浩明、以下、佐賀大学)、伊藤忠エネクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岡田 賢二、以下、伊藤忠エネクス)と共同で2022年5月よりCO2を利用した大豆の育成研究プロジェクトを開始いたしましたのでお知らせします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

本研究プロジェクトは、温室効果ガスであるCO2を食料資源の生産に有効活用し、カーボンリサイクルとCO2削減を目指す取り組みになります。先ず初めにCO2を吸収することにより成長が早まる大豆の特性を活かした効率的な大豆の生育を研究することを目的とし、佐賀大学の実験施設において実証試験を開始します。将来的には佐賀市の清掃工場にあるCCU(Carbon dioxide Capture and Utilization 以下、CCU)で回収されたCO2を利用した植物工場による国産大豆の生産を念頭に置いております。

現在、佐賀市の清掃工場ではごみを焼却した際に発生する排ガスからCO2のみをCCUで分離回収し、隣接する農業・藻類事業者にCO2を供給しています。今回のプロジェクトにより、今後は段階的に栽培規模を拡げていき、将来的には、この栽培システムで生育した国産大豆を不二製油グループの技術を用いたサステナブルな大豆製品として事業化し、広く皆さまにお届けしたいと考え、共同研究契約を締結しました。当該研究プロジェクトは産官学一体となって連携し、長期的に取り組んでまいります。

不二製油グループは、1950年の創業以来、植物性素材による社会課題の解決を目指しております。

事業を通じて食のサステナビリティ課題を解決し、SDGs(国連の持続可能な開発目標)の達成に貢献してまいります。

■不二製油グループのサステナビリティ https://www.fujioilholdings.com/sustainability/

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/632520/01_202205181417.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632520/02_202205181417.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン