/

東邦大とトーアエイヨー、心房細動の原因となる催不整脈性基質の形成過程を解明

発表日:2022年05月09日

心房細動の原因となる催不整脈性基質の形成過程を解明

東邦大学薬学部の高原章教授および田中光教授らの研究グループは、トーアエイヨー株式会社との共同研究において、容量負荷を慢性的に心房に与えることを可能とする動静脈瘻モデルラットを用い、心房細動の原因となる催不整脈性基質の形成過程を明らかにしました。この研究成果は、雑誌「Biological and Pharmaceutical Bulletin」にてFeaturedArticleとして推薦され、2022年5月1日に掲載されました。

◆発表者名

相本 恵美(東邦大学薬学部薬物治療学研究室 助教)

八木 啓太(東邦大学薬学部卒業生)

江沢 亜耶(東邦大学薬学部卒業生)

恒岡 弥生(東邦大学大学院薬学研究科修了生)

熊田 幸平(トーアエイヨー株式会社)

長谷川 健志(トーアエイヨー株式会社)

久世 哲郎(トーアエイヨー株式会社)

千葉 俊樹(トーアエイヨー株式会社)

永澤 悦伸(東邦大学薬学部薬物治療学研究室 講師)

田中 光(東邦大学薬学部薬物学教室 教授)

高原 章(東邦大学薬学部薬物治療学研究室 教授)

◆発表のポイント

●心房に対する血行力学的負荷は、心房細動の発症や持続化に関連すると考えられていますが、その発症に至る経過の詳細は十分に明らかにされていません。

●本研究では、腹部大動脈-静脈シャント(AVS)手術により慢性的な容量負荷を与える手法を心房細動研究に応用し、心房の解剖学的、分子生物学的および電気生理学的特性の変化と心房細動の持続性の関係を調べました。

●実験結果より、慢性容量負荷8週目から12週目の間に生じる心房リモデリング(注1)が催不整脈性基質の構築に重要な役割を果たしていることが明らかとなり、その過程において心房の電気生理学的な変化は構造的な変化が生じた後に起こることが示されました。

●これらの発見は、慢性容量負荷による催不整脈性基質の構築プロセスに関する重要な知見を提供します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631757/01_202205091214.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン