/

JR東日本、2022年度設備投資計画を発表

発表日:2022年04月27日

変革のスピードアップのための投資計画

〜2022年度設備投資計画〜

JR東日本グループは、輸送サービス、生活サービス、IT・Suicaサービスの3つの事業のシナジーを引き出す投資を実行し、お客さまや社会に新たな価値を提供することで、グループ理念に掲げる「すべての人の心豊かな生活」を実現してまいります。

具体的には、大規模地震対策などの安全性を向上させる投資を着実に進めるとともに、それを基盤として収益力の向上に資する投資を機会逃さず実施します。さらに、地方創生や「脱炭素社会」実現への貢献、業務改革などのスピードアップに資する投資を実施します。

設備投資額は、連結では2021年度実績比約1,140億円増の6,340億円、単体では2021年度実績比約740億円増の5,000億円を計画しています。

○主な設備投資の内容 ※一部既に使用開始の内容を含む。

●輸送サービス

■「究極の安全」の追求

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 ●大規模地震対策や新幹線降雨防災対策を進めていくほか、踏切事故対策や運転保安装置整備拡大などの安全対策を着実に進めます。

 ●ホームドア(※1)を、京浜東北線日暮里駅、中央・総武緩行線飯田橋駅、南武線登戸駅などにおいて使用開始することで、駅ホームの安全性を向上します。

※1 ホームドアの整備は、エレベーターなどの整備とともに鉄道駅バリアフリー料金制度を活用します。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/631476/01_202204271743.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631476/02_202204271743.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン