/

中央大・北大など、生後半年の乳児の顔を見出す能力を明らかに

発表日:2022年04月25日

赤ちゃんは視野の上にある顔をチラ見する

〜生後半年の乳児の顔を見出す能力〜

■概要

北海道大学・中央大学の鶴見周摩研究員,中央大学の山口真美教授,日本女子大学の金沢創教授,北海道大学の河原純一郎教授は,生後半年以上の乳児では,視野の下にある顔よりも上にある顔に最初に目を向けやすく,しかも上にある顔をよく覚えることを明らかにしました。

私たち大人は,視野の下よりも上にある顔を瞬時にみつけ,その顔が誰でどんな表情かを判断できることが知られています。これは「顔の上視野優位性」と呼ばれる現象ですが,これが生まれつきか,あるいは学習によるものかについては決着がついていません。たとえば,視野の上にある顔を検出するのは生まれながらに存在する脳内処理によるものであるとか,あるいは,顔は身体の上に位置するという関係性を日常生活から学習しているためといった仮説がたてられています。

そこで本研究では,生後5−8ヶ月の乳児を対象に顔の上視野優位性を調べ,生まれてからの視覚経験が顔の上視野優位性の発現に重要かを検討しました。実験では上下あるいは左右に2人の女性の顔を提示して,乳児がどちらの顔を最初にみるのかを調べました。

実験の結果,生後7−8ヶ月児では顔の上視野優位性が生じましたが,生後5−6ヶ月児では生じないことがわかりました。しかも生後7−8ヶ月児は,上に位置する顔をよく覚えていることがわかり,顔の上視野優位性が記憶にも影響することが明らかになりました。月齢による違いは,生後の視覚経験が顔の上視野優位性に関与している可能性を示すものです。本研究の知見は,生後の視覚経験によってヒトの知覚・認知能力が変容する過程の解明につながることが期待されます。

本研究成果は,『Developmental Science』誌に掲載されました(日本時間3月27日オンライン公開)。

【研究者】

鶴見 周摩 北海道大学大学院文学研究院 博士研究員・中央大学研究開発機構 機構助教

金沢 創 日本女子大学人間社会学部心理学科 教授

山口 真美 中央大学文学部心理学専攻 教授

河原 純一郎 北海道大学大学院文学研究院心理学講座 教授

【発表雑誌】(アメリカ東部時間 2022年3月27日にオンライン掲載)

Developmental Science

<論文タイトル> Development of upper visual field bias for faces in infants

<著者> Shuma Tsurumi, So Kanazawa, Masami K. Yamaguchi, & Jun-ichiro Kawahara

<DOI> https://doi.org/10.1111/desc.13262

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631142/01_202204251031.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン