/

日清食品、フィンランドのヘルステック企業 ナイチンゲールヘルスと完全栄養食の未病対策における有効性検証を開始

発表日:2022年04月21日

日清食品がフィンランド発のヘルステック企業「ナイチンゲールヘルス」と「完全栄養食」の未病対策における有効性検証を開始

日清食品株式会社(社長:安藤 徳隆)は、弊社が研究を進めている最新のテクノロジーに基づいた「完全栄養食」のさらなる進化に向け、フィンランド発のヘルステック企業であるナイチンゲールヘルス(*1)(Nightingale Health)が提供する「My Nightingale」を活用した有効性検証を開始することで合意しました。

●「完全栄養食」による疾病リスク(*2)の"改善効果"を「My Nightingale」で検証

日清食品は、『見た目やおいしさはそのままに、カロリーや塩分、糖質、脂質などがコントロールされ、必要な栄養素を全て満たす食』をコンセプトとして、さまざまな栄養学的見地を参考に、インスタントラーメンなどで培った技術を応用し、独自かつ最先端の食品加工技術を駆使した未来の「完全栄養食」の研究を進めています。この「完全栄養食」を普及させることで、"好きなものを、好きなときに、好きなだけ楽しめる世界"の実現を目指しています。

ナイチンゲールヘルスが提供する「My Nightingale」は、NMR(*3)(核磁気共鳴)装置による血中成分250項目の独自分析結果から、総合評価を算出する血液検査サービスです。フィンランドおよび日本のバイオバンク(*4)との共同研究によって開発、検証された独自アルゴリズムで解析し、将来の疾病リスクと相関のある「ヘルススコア」として可視化することで、「健康状態の見える化・スコアリング」を実現しています。

弊社の「完全栄養食」は、喫食者のバイタルデータに良い変化が現れることが、複数のヒト試験において確認されています。今後、弊社が実施する「完全栄養食」のヒト試験に「My Nightingale」を組み込むことで、疾病リスクと連動した「ヘルススコア」の変化が可視化され、「完全栄養食」が健康状態に与える影響を喫食者自身でも具体的に把握することが可能になります。

日清食品は、「食事によって健康を増進し、健康寿命を延伸する」というかつてない挑戦に取り組み、世界共通の社会課題である「未病対策」に「食」の分野から一つの解決策を提案していきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/631068/01_202204221017.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン