/

Snowflake、Retail Data Cloud(リテール データクラウド)を提供開始

発表日:2022年04月01日

スノーフレイク、小売業界のコラボレーションを可能にして

優れた顧客エクスペリエンスの提供、オペレーションの最適化を実現する

リテール データクラウドを提供開始

※本報道資料は米国スノーフレイク社が3月29日に発表した内容の抄訳です。

◇参考画像は添付の関連資料を参照

● 業界全体でデータサイロを排除し、企業のアジリティを高めてパーソナライズしたより優れたカスタマーエクスペリエンスの提供、オペレーションの最適化を実現

● 84.51°、Albertsons、Kraft Heinz、楽天など、1,000以上の小売および消費財企業がSnowflakeを採用(*)

データクラウドを提供するスノーフレイク( https://www.snowflake.com/)(ニューヨーク証券取引所:SNOW)は本日、Retail Data Cloud(リテール データクラウド)の提供開始を発表しました。スノーフレイクのリテール データクラウドを活用することで、小売業者やメーカー、流通業者、消費財(CPG)販売業者および小売業界のテクノロジープロバイダーは、スノーフレイクのデータプラットフォーム、スノーフレイクおよびパートナーが提供するソリューション、業界別のデータセットを統合したリテールデータクラウドによって、自社データの活用や新規データへのアクセス、小売業界全体を通じたシームレスなコラボレーションが可能になります。スノーフレイクはパートナーのエコシステムと連携して企業のアジリティを高めるとともに、よりパーソナライズした優れたカスタマーエクスペリエンスを実現し、業界全体で企業のオペレーションを最適化します。

現在、小売業界では世界的に消費者と小売業者、ブランドとの関わり方の変化に直面しています。最適なデータやインサイトを入手し、特定して、不確実な業界で事業を推進していくことは困難になっています。また、デジタル化やeコマースの加速、消費者からの期待の高まり、サプライチェーン全体の変革など、小売業者にはさまざまな変化への対応が迫られています。こうした急速に変化する環境に対応するために、業界ではデータサイロを排除して安全かつ統制されたデータアクセスを提供できるプラットフォームが求められています。

◇以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/629664/01_202204011501.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/629664/02_202204011501.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン