/

日本空港無線サービス、関西国際空港でTETRA無線サービスを開始

発表日:2022年04月01日

関西国際空港でTETRA無線サービスを開始

〜国内の空港MCAは全てTETRAに更改完了、空港間通信基盤としてさらに拡大〜

日本空港無線サービス株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:高橋禎一、以下NAR(*1))は、本日2022年4月1日、関西エアポートテクニカルサービス株式会社(本社:大阪府泉佐野市、代表取締役社長:鈴木慎也、以下KTS)からの空港MCA(*2)無線事業の譲受およびシステム更改を完了し、関西国際空港におけるTETRA(*3)無線サービスを正式に開始いたしました。これにより、成田・羽田・中部・関西・那覇の空港MCA無線は全てTETRAに更改されました。

NARとKTSは空港MCA無線事業の譲渡契約を2020年に締結し、以後NARは、既存MCAシステムからTETRAへの更改作業を進めてまいりました。本日システムの切り替えが完了し、空港屋内外およびその周辺において、TETRAによる高品質な音声通信、成田・那覇・中部・各空港との相互通話の他、スマートフォンアプリによる通話など様々な付加機能の利用が可能となりました。引き続き、大阪国際空港(伊丹)・神戸空港への導入を図ることで、関西3空港の一体運営を支える空港間無線通信基盤として成長させるとともに、さらなる導入空港の拡大を進めていく予定です。

これまでNARは、成田・那覇・中部の各空港においてTETRAの導入とサービス運営を行っており、その信頼性、通話品質、端末の堅牢性や利便性等は高い評価を得ています。また近年、様々な自然災害が空港に被害を与えており、空港BCPの観点からも信頼性の高い空港専用の無線システムの重要性が高まっています。NARは今後もサービスの安定運用に努め、空港業務に対応した端末・付加サービスの提供や電波環境の改善をきめ細やかに実施し、運航と空港の安全を支えてまいります。

■事業の概要

1. 事業譲渡およびサービス提供開始時期:2022年4月1日

2. サービス提供エリア:関西国際空港およびその周辺

3. 無線端末提供形態:レンタル(一年契約、短期契約、臨時契約)

4. 無線端末の種類:携帯型2種類、車載型2種類、卓上型

5. 付加サービス:空港間通信(関西、中部、成田、那覇各空港相互間)、テキストメッセージ、GPS位置情報管理、スマートフォンによる通話機能等

6. NARの役割:TETRA無線サービス提供、システム運用・保守

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/629622/01_202204011102.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン