/

東邦大・東京理科大・東大、皮膚組織修復における瘢痕抑制性microRNA146b-5pを同定

発表日:2022年03月18日

皮膚組織修復における瘢痕抑制性microRNA146b-5pを世界で初めて同定

東邦大学医学部病理学講座の赤坂喜清教授らの研究グループは、ラット実験系を用いて皮膚傷痕の瘢痕を小さくするmicroRNA146b-5pを世界で初めて明らかにしました。皮膚の傷口は目立たない瘢痕になりますが、ケロイドや肥厚性瘢痕では逆に瘢痕が大きくなり、消退しません。本研究ではmicroRNA146b-5pによりラット皮膚傷痕の瘢痕が小さくなる新知見を明らかにしました。本研究の成果は、皮膚の傷痕における瘢痕線維化の抑制メカニズムを解明するのみならず、傷害された臓器で生じる線維化による機能不全の予防にも繋がることが期待されます。

本研究は、米国の科学雑誌「Journal of Investigative Dermatology」に2021年12月18日オンラインに掲載されました。

本研究は東京理科大学薬学部薬学科の花輪剛久教授、河野弥生講師と田中大貴大学院生、東京大学大学院医学研究科老年看護学の真田弘美教授と峰松健夫特任准教授との共同研究です。

◆発表者名

藤澤 千恵(東邦大学医学部研究推進室 講師)

深澤 由里(東邦大学医学部病理学講座 講師)

岡根谷 哲哉(東邦大学大学院医学研究科 医学専攻 博士課程 4年)

円谷 佳代(東邦大学医学部病理学講座 技術員)

一色 琢磨(東邦大学医学部内科学講座 呼吸器内科学分野 講師)

三上 哲夫(東邦大学医学部病理学講座 教授)

赤坂 喜清(東邦大学医学部病理学講座、東邦大学大学院医学研究科先端医科学研究センター組織修復・病態制御学研究室 教授)

◆発表のポイント

●miRNA146b-5pはPDGFRα(注1)発現抑制から瘢痕形成を抑制して皮膚傷痕の瘢痕を小さくすることを初めて明らかにしました。

●脂肪組織による新たな瘢痕抑制メカニズムとしてmiRNA146b-5pによる脂肪間質細胞におけるPDGFRα発現抑制が示されました。

●miRNA146b-5pは皮膚瘢痕形成のメカニズム解明のみならず、直接投与により傷害臓器で生じる線維化を抑制して線維化臓器における機能不全の予防につながることが期待されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/628726/01_202203181224.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン