/

Imperva、「Imperva API Security」を発表

発表日:2022年03月08日

Imperva API Securityを発表

APIの監視・検知を簡素化し、レガシーおよびクラウドネイティブ・アプリケーションのデータを保護

データとそこに至るすべてのパスを保護することをミッションに掲げるサイバーセキュリティのリーダーのImperva,Inc.( https://www.imperva.com/jp/)(本社:アメリカ・カリフォルニア州、最高経営責任者:Pam Murphy)は、「Imperva API Security」の提供開始を発表しました。APIの継続的な監視、検知、およびデータ分類に対応した本製品は、あらゆる環境への容易な導入が可能で、レガシーおよびクラウドネイティブ・アプリケーションでのデータの可視化と保護を実現します。本製品はas-a-Serviceとして提供され、Imperva Cloud Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の既存客様はシームレスに有効化できるほか、単体でも迅速な導入が可能で、あらゆるAPIトラフィックへの可視性が得られます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

開発者環境のAPIは適切なセキュリティコントロールが欠けているケースが多く、悪意のあるリスクや不注意に対して脆弱となっています。ガートナー社(R)の2021年5月版レポート「The 10 Things Software Engineering Leaders Need to Know About APIs(1)」によると、2024年にはAPIの悪用と関連する情報漏洩が現在の2倍近くまで増加すると予想されます。

さらに、IDCのサイバーセキュリティ製品部門リサーチ・ディレクターであるChris Rodriguez氏は、次のように述べています。「ソフトウェアの開発スピードが加速する中、APIセキュリティを管理することは、今日の企業が直面する重要なビジネスリスクの1つです。APIの保護は、データセキュリティ戦略の重要な側面として捉えるべき機能です。企業には、本番環境内外のあらゆるAPIを検知・分類するセキュリティソリューションが求められます。APIが原因となる情報漏洩の増加が予想される中、企業には迅速な対応が求められます。」

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/627877/01_202203081228.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/627877/02_202203081228.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン