/

東邦大、カタツムリに寄生する新種の吸虫(扁形動物の寄生虫)を発見

発表日:2022年02月28日

港区の自然教育園で

カタツムリに寄生する新種の吸虫(扁形動物の寄生虫)を発見

東邦大学の脇 司講師と同大学大学院理学研究科の古澤 春紀大学院生、旭川医科大学の中尾 稔准教授、佐々木 瑞希助教、ミュージアムパーク茨城県自然博物館の池澤 広美資料課長、佐賀大学の井上 健研究員、北海道大学の尾針 由真研究員、国立科学博物館の亀田 勇一特定研究員、帯広畜産大学の麻田 正仁准教授、九州貝類談話会の宮崎 晋介氏の研究グループは、東京都港区の国立科学博物館附属自然教育園に生息しているキセルガイ(キセルガイ科のカタツムリの仲間)の一種ヒカリギセルから新種の寄生虫キセルガイサンゴムシ Brachylaima phaedusaeを新種として記載・発表し、さらにこの寄生虫が関東以南に実は広く分布していることを明らかにしました。論文は、「Parasitology International(ISSN 1383-5769)」にて2022年2月28日に発表されました。

◆ 発表者名

脇 司(東邦大学理学部生命圏環境科学科 講師)

古澤 春紀(東邦大学大学院理学研究科環境科学専攻 博士前期課程2年

◆ 発表のポイント

● 東京都港区白金台の自然教育園に生息するキセルガイから見つかった吸虫(扁形動物の寄生虫)について(図1)、成虫の形態を基にキセルガイサンゴムシ Brachylaima phaedusaeとして新種記載しました。

● この吸虫は関東から九州(周辺の島々含む)にかけて広く分布し、キセルガイを中心とした陸貝に寄生していることが分かりました。

● 公園などの身近な場所で見つかっており、この吸虫は「身近な寄生虫」の一つといえるでしょう。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/627398/01_202202281337.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン