/

はれコーポ、奈良市で7月1日にホテル開業 2店舗目

有料老人ホーム運営のはれコーポレーション(岡山市)は31日、奈良市の近鉄奈良駅近くに7月1日にビジネスホテルを開業すると発表した。6階建てで客室数はツインルームを中心に143室を用意した。ホテル運営は2019年に松本市での開業に続いて2店目となる。

ホテルの名称は「いろはグランホテル近鉄奈良駅前」で、近鉄奈良駅から徒歩2分に立地する。平均客室単価は7000~1万円。1階に和食レストランが入る。

当初は21年12月の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で開業が遅れていた。投資額は非公表。土地や建物を地主から30年間一括で借り上げるリース方式を採用した。新たに約10人を新規雇用する。

同社は全国で有料老人ホームを展開している。観光利用のほかビジネス需要も見込める地方都市でホテル事業を計画している。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン