/

この記事は会員限定です

大阪の休業緩和、再開施設は日常へ一歩 感染防止に腐心

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の延長に伴って1日、大阪府内の劇場や映画館などへの休業要請が一部緩和され、多くの施設が約1カ月ぶりに営業を再開した。施設側は「日常」に向けた一歩に安堵する一方、事前予約制や消毒による平日休業など感染の再拡大防止に取り組む。集客を見込める土日は引き続き休業や無観客を求められており、「これでは採算がとれない」とため息も漏れる。

1日から平日の公演を再開した吉本興業の劇場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン