/

この記事は会員限定です

新型コロナ禍でも 信金が「需要創出」へ 

近畿4信金「木材マッチング」 城南は「土産物廃棄防止」

[有料会員限定]

全国の信用金庫が新型コロナウイルス禍で苦しむ中でも事業継続を模索する中小零細企業をサポートするため、資金繰り支援だけでなく需要創出や調達支援へ動き出した。大阪府の枚方、和歌山県のきのくにと新宮、京都府の京都北都の4信金が住宅と材木の事業者をマッチングする協定を結んだ。東京都の城南信金は飲食・観光事業者向けにインターネットで消費者と結ぶ支援サービスを提供している。

枚方信金が住宅関連の15社程度、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン