/

この記事は会員限定です

宝塚歌劇に「長寿経営」学べ 阪南大学・森下信雄教授

関西のミカタ

[有料会員限定]

■浮き沈みの激しいエンターテインメント業界で、宝塚歌劇は誕生から100年を超えるいまも多くのファンに愛されている。かつて宝塚歌劇団の総支配人も務めた阪南大学教授の森下信雄さんは「タカラヅカ」の経営戦略は持続可能なビジネスモデルを企業が構築する上で示唆に富むという。

宝塚歌劇団の「長寿経営」を支える要因の一つが垂直統合システムの採用だ。それは創って(プロデュース)、作って(舞台芸術の制作)、売る(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません