/

この記事は会員限定です

「破壊と創造」の改革者 松下電器・中村邦夫元社長死去

(更新) [有料会員限定]

2000年に松下電器産業(現パナソニックホールディングス)の社長に就任して間もなく、トヨタ自動車の創業家、豊田章一郎氏の執務室に呼ばれた。「松下に潰れてもらっては困るんだよ」。トヨタとは松下幸之助氏の時代から事業面のつながりや創業家同士の交流がある。中村邦夫氏は長身を縮めながら、自身の重責を意識したという。豊田氏の部屋には幸之助氏が書いた「青春」という書が掲げられていた。

「破壊と創造」。刺激的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません