/

この記事は会員限定です

ミズノの義足・山本光学のゴーグル、パラで光る関西の技

関西ビジネスマップ・パラリンピック編

[有料会員限定]

24日に開幕する東京パラリンピックで関西企業の技術が光る。義足や水泳用のゴーグル、シッティングバレーボールのインナーなど、パラならではの用具はメーカーも少ない。ものづくりの技術を生かし、夢の舞台で活躍するアスリートを支える。

銀色に輝く義足が競技場を駆け抜ける。ミズノが手がける競技用義足の板バネ「KATANAΣ(カタナシグマ)」だ。福祉機器メーカーの今仙技術研究所(岐阜県各務原市)と共同で開発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン