/

この記事は会員限定です

京都の「伏見市」、昭和初期に2年だけ存在

とことん調査隊

[有料会員限定]

醍醐寺や伏見稲荷大社など、数々の観光名所がある京都市伏見区。4月に京都支社に赴任してあいさつ回りに行くと「伏見はもともと京都市じゃなかった」と取材先が教えてくれた。昭和初期の1930年ごろに2年だけ「伏見市」だった時期があった。成り立ちを調べると、京都市中心部とは異なる独自の文化が見えてきた。

行政の過去を調べるにはまず公式記録に当たるべきだ。京都市伏見区役所を訪ね、地域力推進室の企画課長、早崎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン