/

神戸のシン・エナジー、バイオマス発電で中国電力と提携

新電力のシン・エナジー(神戸市)は中国電力と業務提携し、中国地方で地産地消型のバイオマス発電事業を展開すると発表した。域内の未利用木材などを使い、出力が500キロ~数千キロワットの小型発電設備を用いる。再生可能エネルギーの導入拡大で脱炭素化をめざし、林業での残さを活用し森林整備にもつなげる。

シン・エナジーは中国電力のグループ会社や地元事業者などと発電事業を進める。熱電併給設備を活用し、発電だけでなく熱利用もできるようにする。燃料チップやペレット、肥料などの製品化も視野に入れる。発電した電気は中国電力に売る。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン