/

塩野義製薬、中国で患者の生活データ解析

塩野義製薬は30日、中国保険大手の中国平安保険傘下でオンライン診療を手掛ける平安健康医療科技と共同で、中国の糖尿病や高血圧患者の生活データ解析を始めると発表した。腕時計型端末やスマホアプリで患者の服薬履歴や睡眠、精神状態などの長期的なデータを集める。認知症やうつ病など精神・神経疾患の治療薬や予防サービスの研究開発につなげる。

塩野義と中国平安保険グループとの合弁会社、平安塩野義の医薬品を使う患者のうち、データ提供に同意した約1000人が対象。継続的に服薬しなければならない糖尿病患者などは長期的なデータ収集に向くという。平安健康医療科技がアプリの開発や運用、データ収集などを担い、平安塩野義が中国国内でデータを解析する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン