/

島津製作所、バイオの神戸大発スタートアップと資本提携

島津製作所は30日、バイオ物質開発の神戸大学発スタートアップ、バッカス・バイオイノベーション(神戸市)と資本提携した。バッカス社は人工知能(AI)と先端的なバイオ技術を組み合わせて、遺伝子改変細胞(スマートセル)を作るノウハウを持つ。島津の分析技術を使い、スマートセルの製造プロセスでの検査時間を大幅に短縮する。

スマートセルはゲノム編集とAIなどを組み合わせて人工的に遺伝子を変化させた細胞のこと。第一人者である神戸大副学長の近藤昭彦教授がバッカス社の取締役を務めている。島津はバッカス社の第三者割当増資を引き受け、1億円を出資した。

狙い通りの細胞ができたかどうかを調べるため、島津の質量分析計などを使用する。島津は2016年から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業に参画し、神戸大と専用装置の共同研究を進めてきた。20人分の作業を自動化する装置などをすでに開発している。

島津はさらに約2億円を共同研究に投じ、社員1人をバッカス社に派遣。スマートセル向けの小型の自動検査装置の開発に取り組む。バイオ関連市場は30年に300兆円に達するとされており、島津はバッカス社と提携して技術を磨く。

スマートセルは将来的にはプラスチックのような化学物質の製造や医薬品、食品の製造への応用が期待されている。双日も同日、バッカス社への出資を発表している。すでにロート製薬や太陽石油もバッカス社に出資している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン