/

この記事は会員限定です

省エネ暖房、欧州に照準 パナソニックは生産能力6倍に

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

空調各社が欧州で省エネ性能の高い「ヒートポンプ暖房」に照準を絞っている。パナソニックは500億円を投じ生産能力を現在の6倍に高めるほか、富士通ゼネラルは数年以内にフランスで現地生産を始める。ロシアのウクライナ侵攻で、欧州各国はロシア産ガスへの依存脱却と脱炭素の両立を急いでいる。欧州勢も含めて省エネ対応を巡る競争が過熱している。

3日に仏パリで開幕した空調見本市「インタークリマ」では、空調各社の多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1865文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません