/

コロナ療養中不明の男逮捕 覚醒剤所持容疑で大阪府警

新型コロナウイルス感染のため大阪市内のホテルで宿泊療養中に行方不明になり、覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで指名手配されていた20代の男について、大阪府警は30日午前、大阪市城東区の大阪メトロ今福鶴見駅のトイレで身柄を確保し、同法違反容疑で逮捕した。

府警によると、男は韓国籍で住所不定、無職の劉翼空容疑者(20)。容疑をおおむね認め、ホテルから逃げたのは「奈良にいる友人に会いたかったから」と説明している。身柄確保時、マスクを着用しており発熱などはなかった。府警は逃走後の足取りを調べ、保健所と協力して濃厚接触者の調査を進める。府警の担当者は逮捕後、「結果として逃走したので重く受け止め、今後の捜査に生かしていきたい」と話した。

劉容疑者は18日に同法違反容疑で現行犯逮捕された後に陽性が判明し、同日夜に釈放された。22日朝から行方不明になり、府警は25日に改めて逮捕状を取り、行方を捜していた。府警は釈放について「健康状態や捜査状況を踏まえて適切に判断した」と説明している。

府によると、劉容疑者は19日午後からホテルで療養していた。逃走後、6階の部屋の窓のストッパーが壊されていたことが確認された。大阪市保健所が天満署に行方不明者届を出していた。

捜査関係者によると、別の事件の関連で東署が18日に大阪市内の民泊施設を捜索した際、若干量の覚醒剤を発見。同法違反(共同所持)の疑いで劉容疑者を含むその場にいた10~20代の男女4人を現行犯逮捕した。その後一部が体調不良を訴えたため、4人全員が医療機関で検査を受け、劉容疑者のみコロナの陽性が判明した。4人とも素直に調べに応じていたため、府警は18日中に全員釈放していた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン