/

死亡男性は48歳会社員 女子大生殺害関与か、大阪

大阪府大東市のマンションの一室で住人の大学4年、吉岡桃七さん(21)が殺害された事件があり、府警は30日、直後に火災があった真下の部屋で倒れているのが見つかり、搬送先で死亡した男性の身元を、この部屋に住むビルメンテナンス会社の社員(48)と確認したと発表した。事件当時、吉岡さんはパジャマ姿で、寝込みを襲われたとみられることも分かった。

事件があったマンション。3階のベランダからはしごが下ろされている(28日朝、大阪府大東市。近隣住民提供)=共同

捜査関係者によると、3階と2階にある2人の部屋のベランダには、はしごが掛かっていた。はしごを下りる人物の目撃情報と会社員の服装が似ており、府警は会社員が殺害に関与したとみて、2人の間のトラブルの有無などを捜査している。

はしごはマンションに備え付けのものではなく、会社員の部屋には、はしごが入っていたとみられる空き箱も見つかった。会社員が倒れていた場所の近くには灯油とみられる液体の入ったポリタンクや多目的ライターのような着火用具があった。5年ほど前からマンションに住んでおり、これまでに吉岡さんとの接点は確認されていない。

自室のベッド脇で倒れていた吉岡さんは全身に数十カ所の傷があり、部屋からは複数のバールのような鈍器や刃物が見つかった。部屋の玄関ドア外側にはストッパーが置かれていた。

事件は28日午前6時50分ごろに発生。「女性の叫び声が5分くらい前から聞こえる」と110番があった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン