/

この記事は会員限定です

人の胎児細胞から「卵子のもと」 京都大、不妊治療に道

[有料会員限定]

京都大学の斎藤通紀教授らは1日、人の胎児の卵巣の細胞を体外で培養し、卵子のもとになる「原始卵胞」を作製したと発表した。これまでは様々な組織に育つiPS細胞を使い、より未熟な生殖細胞までしか作れなかった。人の卵子ができる仕組みが詳しく分かることで、不妊症の原因解明や治療法の開発につながる。

人の卵子ができるまでの過程は大きく3段階あるという。まず発生初期の胚にある「始原生殖細胞」や初期の胎児の卵巣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません