/

この記事は会員限定です

関西で広がる高齢者・障害者に優しい旅行 条例や協議会

[有料会員限定]

高齢者や障害者が無理なく旅行を楽しめる「ユニバーサルツーリズム」を推進する動きが関西で広がっている。兵庫県は2022年度中に条例を制定し、備品などの基準を満たした県内宿泊施設を指定施設として登録する。大阪では府・市、民間事業者などがバリアフリー化を推進する協議会を立ち上げる方針だ。シニア層の旅行市場の拡大をにらみ対策を強化する。

兵庫県は30日、ユニバーサルツーリズムの推進に関する検討会を開き、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません