/

この記事は会員限定です

大阪、「水都」再生へ着々 川の浄化でにぎわい拠点整備

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西でも河川を活用したまちづくりが進む。江戸時代に舟運で栄えた大阪は「水都」への回帰を目指し、川辺に相次いでにぎわい施設を整備している。1960年代の高度成長時代、工場や一般家庭からの排水で川の汚染が深刻化し、「川に落ちたら死ぬで」といわれたころとは別世界の風景だ。兵庫や滋賀でも川辺の観光名所を生かした取り組みが広がる。

「大阪の川でこんなに楽しく過ごせるとは思っていなかった」。複合施設「β(ベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン