/

任天堂、「ゼルダの伝説」新作発売日を23年春に延期

任天堂は29日、人気シリーズ「ゼルダの伝説」の最新作の発売日を2023年春に延期すると発表した。これまで22年中に発売する予定だった。新作は、17年の発売から累計2500万本以上が売れたニンテンドースイッチ向けソフト「ブレス オブ ザ ワイルド」の続編で、ゲームファンなどから注目が集まっていた。

同日公開した動画で、ゼルダの伝説のプロデューサーの青沼英二氏は「続編での体験を特別なものにするべく、引き続き総力を挙げて取り組んでいく」として、「開発にもう少し時間を頂きたい」と説明した。

確実な収益が見込める新作については市場の期待も高い。UBS証券の福山健司アナリストは2月24日付のリポートで、年内発売を前提に22年度中に販売本数が1500万本級に上ると予想していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン