/

この記事は会員限定です

日本電産、M&A66戦全勝の虎の巻 トップ自ら乗り込む

日本電産の野望(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「僕のやり方を完璧に学ぶには3年はかかる」。日本電産会長の永守重信は最高経営責任者(CEO)の職を社長の関潤に渡した後もM&A(合併・買収)は自身の仕事と位置づける。66件の買収企業を立て直した「負け知らず」の手法は、手腕を評価する関といえども一朝一夕には体得できない。

滋賀県栗東市の三菱重工工作機械(現日本電産マシンツール)本社。買収手続きが完了した8月2日の午前10時、永守がやってきた。「1年間はだま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン